03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< [制作]LiA.-RISING 4THE G2R Act.1 : main : [制作]LiA.-RISING 4THE G2R Act.3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
[制作]LiA.-RISING 4THE G2R Act.2

更新少なくてすんません!
週1更新に切り替えようとしたらそれすらもタイミングがあわなくて出来なかったけれど一応ちゃんと生きてます。

ということで早速ですが
BMS制作記 G2R編 第二回をやっていきます。
今回は軽い進捗報告と、最後に自分の曲に対しての雑談を少しだけやってます。

現在のG2R曲進捗度合は55%ほど。
正直前回からさほど進んでおりません。
というか進んでいるんだけど今回は道のり自体が長い。

こんな進行ペースだったらぶっちゃけ焦っていい時期に来てるぜ?大丈夫か?
といっても音切りまでは大体完了しているので確実に進んではいます。

前回からの進捗を簡単にまとめると

曲ほぼ完成(ここが前回地点)

仮段階で音切り

それを元にミックス等を再調整

大体完了

BMSデータに再配置

多重定義(今ここ)


前の作品で少し扱いに慣れた分、音切り関連は割とスムーズに進んでおります。
相変わらずわけわからん部分がありますがなんとか上手くスルーしつつ進行。

仕様がわかってきたのでフォルダ分けや手順の整理などを見なおして作業の効率化を図れたことと
新しくsoundengineを導入して音量調整スクリプトなんかを組んだおかげでだいぶ楽になってます。

soundengineは凄く便利そうだ。

その他詳しい進捗などを続きの方に纏めて書いていきます。
 

今回の曲は音切りがスムーズな分、再配置などの作業が多重定義しなければならない場所が多いのでめっちゃ時間食ってます。
ベースとアルペジエーター系のシンセが大活躍(迷惑)

単純にイベント数が多いんでZZ定義の終わりが見えてくるという大惨事です。
いや多分大丈夫だと思うんですけど正直な話、曲の展開で半音転調とか使ってたら完全アウトだった。危ない危ない。

多重定義の作業にあと数日費やしたら残り時間はほとんど作譜に費やすことになります。
今回の曲は譜面のビジョンがあまり見えていないのでめちゃくちゃ苦労すると思います。
ここのせいで今焦ってるんですが…

今回の譜面目安ですが
BEGINNER ☆2
NORMAL ☆4
HYPER ☆9
ANOTHER ☆11
LiALIZE ★16

大体このくらいを目標につくろうと思ってます。
が、多分かなり前後します。

G2Rでは1つのモードで5譜面が最大数で、それ以上作ってはいけないというルールがあるのでこういう配置になってますが
もしかしたらBEGINNERカットしてBLACK ANOTHERとして★2辺りを作るかもという感じですかね。

ただね、どれだけプレイ人口が少ないとは言ってもBEGINNER譜面を蔑ろはしたくない。
とはいっても流石に☆2☆4は近いからBEGINNER作るならN☆5でいい気はする。

発狂を差分作者に任せられたらいいんですが多分差分作って貰えるほど立派な作品作れないと思うんですよね。
理由は私の実力不足以外にも、BMSファイルの定義がごちゃごちゃしてて扱いにくいのと512x512の画像ファイルを扱っているので差分プレビューする手間が増えて差分作者に優しくないからなんですけど。

差分つくろうと思ったけど中身見たら面倒くさそうだったからこいつの作品はいいや…ってなっちゃうと思う…

なのでできれば公式譜面として自分でちゃんと★2桁の発狂まで用意したい。
LiALIZEという名のおまけクソ譜面でしか許されない演出(超縦連とかうどんLNとか)もあるのでそういうのもやりたいのです。

譜面の難易度をどこに持ってくるかというのも1作品でゲームメイクする上でだいぶ難題になってきます。
今回は譜面に自由が効かなそうな曲なのでより厄介。
なんとか楽しい譜面を作れるといいんですが。

多重定義は完全作業で時間をかければいつか終わるのでここからの進捗は作譜センスの勝負がほとんどを占めることになりますかね。
まぁ終わりのポイントは見えてきているのでわりと気楽ではあります。

あと大きい進捗で心配なのはBGIの方。
こちらは現在ミーティングを重ねながら牛歩で進んでます。
動画が操れない中でイラストでどこまで演出していくかが勝負です。

作業に関わっているのが自分だけではないので無理をさせるわけにはいかずスケジュール的にも管理が難しいです。
正直な話、死ねと言わんばかりのタスクを要求したいんですが…w

こういうふうにしたいという気持ちと、そうすると作業タスクが増えるという天秤にかけられるので大分悩んでます。
あとはどれだけミーティングしても意見の差異がある…というか自分の中でもそこまでヴィジョンが固まってないので凄く難しいですね。

少なからず妥協点が入るとは思いますがそれは曲も同じなので
なんとか出来うる範囲でいいものを作ろうとは努力してます。

現段階ではまだ打ち合わせしながらラフを揃えている状況なんで、流れ次第ではちょっとやばそうな気もしないでもない…。

ともあれ簡単に説明するとあとの残りは多重定義やって作譜してBGIにイチャモンつけまくるだけです。
単純明快。

曲の方はもうほとんど直す場所がないのでもうホントこのまま誰かの感性に触れる機会を待つだけです。

G2Rでは高順位狙うぞ!とかそういう野望はないので
誰かに好きって言ってもらうことが今回の目標です。


今の私はあまり自分の曲に自信を持っているわけではないので自分の曲大好きマンの人が羨ましい。

昔は私も自分の曲大好きだったし自分スゲー!って思ってた人なんですけどいつぞやのスランプというか長い月日を経て自分の才能に疑問符が出たんですよね。

それからと言うもの作曲自体に苦痛が多いし自分の曲をそこまで愛することがなかなか出来なかったりする。

自信を完全に失っている訳ではないし自分の曲が嫌いだっていうわけでもないんだけど
その愛も自信が30%程度しかなくて、100%好きだ!っていう気持ちになれない。

だから、誰かに好きだって言われて初めていい曲なのかなって思うようになれる。
そこでやっと確かな自信が持つことが出来る。


前回の無名戦の時も、始めこそBMS作ったことを後悔する勢いだったけれど
翡乃イスカさんやBlackさんに好きって言われてやっと報われたっていう話をしてました。

そんな人間なので誰にも作品を見せられない現状では「この曲はいい曲なのか?」ってずーっと不安なまま作業してるんですけど、なんとか今回もそんな風に誰かの"好き"を得られるように頑張ってます。

自分の曲が好きかどうかわからないけど自分の曲を好きって言ってくれる人のことが好きなので
そういう人のために作品を作りたいっていうのがG2Rでの自分です。

無名戦での作品が好きだって言ってもらえたこと
時雨の翼がゲームで使われたことなんかは本当にパワーになっているのでなんとか還元できたらなって思ってます。

いやいや、ホントに。

まぁあんまり真面目になったらそれはそれでいかんので気楽にいかないとって感じですけどね。
いくら人のことを思っていてもやっぱり自分がつまらないと思っていたら人を楽しませることなんて出来ないだろうし。
つらいと思って作った作品はやっぱりどこかにつらさが滲み出る。
作曲も真面目になるとどんどん堅物になっちゃうから、遊びは遊びで本気出さないとね。

作曲とかBMS作業は正直面倒くさいことが大盛りなので喜んでやりたくは無いんですけど
少なくとも誰かの反響が得られている間は私も楽しくやっていけるし作業の苦労にも挑んでいけます。

前に1年以上ぶりに曲を出した時も「やったー!新作だー!」って喜んでくれた人が居たんですけど
マジでそういう人に生かされている感じなので感謝しないとね。

人に喜んでもらえるかどうかという自信を持つのはなかなか難しいんですけど
「少なくとも自分が出せるものは出した」と自信を持って言える作品にはできるのでそこはちゃんと目指してます。

ホントに自信を失った時はみんなの曲を聴いて癒やされるんだ。


だいぶ脱線しましたが要約すると
「頑張って作ってます」


以上!!(雑)

いやーしかしG2R楽しみだなー
絶対に上位取ろう!とか思ってない分、今のとこすんごく気楽です。

もしかしたらG2R始まる頃にはまた眠れない夜が来るのかもしれないけど
無名戦出てちょっとだけ顔が広くなった感じするのでみんなの作品が普通に楽しみ。

交流の深かった無名戦同期はともかくとしても今回期待してる人がめっちゃ多いんですわ。
そんな中に混じろうとしてるということも数ヶ月前までは考えてもいなかったので個人的には相当凄いことです。

それでは、あまり中身のある話が出来ませんでしたが今回はこのへんで終わります。

普通に自己感情論語るのも割と好きなんですけどブログでは中身のある内容もほしいのでもうちょっと音楽的なこと語ったほうがいいのかなぁ、うーん。

というかBMSもやらんと、まじでどんどん下手になってしまうw
BMS制作記 : comments(0) : - : LiA
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
コメントする









カプシクール